仙台市で評判の英会話教室ランキング!口コミで人気の教室を厳選しました。

子どもの英会話は何歳から始めるのがよい?学んだことをアウトプットできるのは何歳から?

公開日:2021/10/15  最終更新日:2021/09/09

子どもをそのうち英会話教室に通わせたいけど、何歳から通わせるべきか悩んでいる親御さんも多いのではないでしょうか?ここでは、子どもの成長段階に合わせた視点から、いつ頃から、どのように英語に触れさせた方がよいのかについて解説していきます。子どものために何ができるか考えていらっしゃる親御さんのお力になれますと幸いです。

英語学習は4歳から始めるとよい

結論から先に申し上げますと、英語教室へは4歳くらいから通わせるのがよいといえます。4歳から英語学習を始めるのがよいといえる理由を見ていきましょう。

4歳までに母語の基礎ができる

まず、英語を話せるようになる以前に、子どもの思考力を育てる必要があります。子どもの思考力は、母語(日本語)の基礎がしっかりできていることによって育ちます。

なぜなら、言葉は思考の手段だからです。母語が急激に発達するのは2~4歳ごろといわれているため、4歳までは根詰めた英語教育はせずに、母語の基礎ができるのをしっかり待ちましょう

母語を身に着ける自然なプロセスがあれば、英語などの外国語に出会った時も母語のように身に着けることができるでしょう。

4歳くらいになると母子分離ができやすい

ご存じの方も多いかもしれませんが、子どもが外界との触れ合いを通じて、母親への依存をなくしていく現象を「母子分離」といいます。一般的には、4歳くらいになると、この母子分離ができやすいといわれています。

母子分離ができれば、子どもは他者とコミュニケーションをとりやすくなります。英会話教室は1つの小さな社会であるため、英語の勉強だけでなく、子どもが社会性を学んでいく機会にもなります。

学んだ英語をアウトプットできるのは4歳から

母語以外の言語(第二言語)を習得するためには、アウトプットが重要だといわれています。アウトプットの重要性を確認するとともに、4歳からアウトプットが可能になることを確認していきましょう。

第二言語の習得にはアウトプットが必要

第二言語習得の専門家が提唱する「アウトプット仮説」というものがあります。第二言語習得においては、知識を吸収するインプットだけでは充分ではなく、「話す」「書く」といったアウトプットも必要であるというものです。

なぜアウトプットが必要なのでしょうか?その理由は、まず一つ目に、「話す」「書く」というアウトプットにより、自分が伝えたいことと、自分の能力で伝えられるものとのギャップに気付けるからです。このギャップに気付くことで、ギャップを埋めるために必要な新しい知識を吸収しやすくなります。

次に、理由の二つ目に、「話す」「書く」というアウトプットをすることで、自分の文法や単語があっているかを試せるからです。アウトプットをすることで、間違っていた認識などを、正しい認識に変えていくことができます。

4歳からアウトプットが可能になる

先に申し上げたとおり、4歳になると、母子分離ができ自立したコミュニケーションをとれるようになります。そのため、4歳からは、自分の気持ちを伝えようと、話したり書いたりする動作が活発になってきます

また、4歳になれば全身のバランスをとる力が発達し、体幹がしっかりしてくる身体的な成長も見られます。そのため、正しい姿勢がとりやすくなることに伴い、正しい発音がしやすくなっています。

3歳までは英語に触れる環境を作ろう

ここまでの内容で、4歳から英会話教室に通わせるのが理想的であることがわかりました。それでは、子どもが3歳までの間に、親ができることはないのだろうかと気になりますよね。ここでは、子どもの英語習得のために、3歳までに親にできることを見ていきましょう。

3歳までは家庭で英語が聞こえる環境にすればよい

母語(日本語)がしっかり習得できていないと、思考力が育たずかえって英語の習得が遅れるということもあります。そのため、3歳までは英語に軽く触れるだけでよいです。また、「音」は子どもが大きくなっても残りやすいといわれています。そのため、3歳までは家庭で英語が聞こえる環境にしておきましょう

家庭で英語環境をつくるには

家庭で英語が聞こえる環境にするには、テレビやインターネットを利用するとよいでしょう。子ども向けの英語番組も多いのでおすすめです。リズムに乗って英語が流れるシーンがたくさんあり、23歳の子どもが楽しく見ることができます。

他にも子ども向けに作られたテレビ番組は、子どもをいかに飽きさせないか、かつ教育に役に立つかということを研究して作られているので、ぜひ活用してみてください。

また、インターネットで探すと子ども向けの無料の動画教材などが多数ありますので、そちらもおすすめです。

 

子どもを英会話教室に通わせるなら、4歳からが理想的であることがわかりました。3歳までは、日本語を習得してもらうことを大事にし、子どもの思考力を育てていきましょう。

また、3歳まではまったく英語に触れさせないほうがよいというわけではなく、英語の「音」が家の中で聞こえるようにしておくとよいでしょう。子どもにしてあげたいことはたくさんありますが、子どもの学ぶ力も信じ、支えてあげられるとよいですね。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

英語学習で日々の積み重ねが重要なのは当然ですが、なかなか効果が出ないとモチベーションが維持できませんよね。効果が実感できずに勉強の途中で挫折してしまった人も多いのではないでしょうか。そこで今
続きを読む
英語の重要性は年々高まり、子どものうちから英会話教室に通わせる人も以前に比べて多くなってきました。せっかく通わせるのなら、やはりネイティブ講師がいる教室がおすすめです。そこで今回は、ネイティ
続きを読む
TOEICは実践的な英語能力を測る試験です。そのため、英語を学び始めたばかりの日本人学習者には難しく、なかなか点数が伸びずに悩んでいる方も多いかと思います。そこで今回は、TOEICのスコアを
続きを読む