仙台市で評判の英会話教室ランキング!口コミで人気の教室を厳選しました。

意外と簡単?ビジネス英語の丁寧な表現はどうやって勉強する?

公開日:2022/02/15  最終更新日:2021/12/21


英会話ビギナーの人で「ビジネスでどうしても英語が必須になってしまった!」という人も数多くいるのではないでしょうか。ビジネス英語と聞くと「とにかくレベルが高そう」と感じて一歩引いてしまいそうですよね。そういった不安を取り除くために、今回はビジネス英語にフォーカスした勉強法をご紹介します。

ビジネス英語はなぜ簡単といわれるのか?

皆さんの中には「ビジネス英語」と聞いただけで、さぞかし難しいフレーズや英単語を使う必要があるのではないだろうか?と思う方も多いでしょう。しかしながら実際のところ、世界で求められているビジネス英語とはそのような「高難度の英語」ではありません。

なぜなら、現代におけるグローバル化にともなって、仕事で英語を用いる人々の大多数が「非ネイティブ」である、つまりは私たちと同じような「英語が母国語ではない」人々だからです。このように「非ネイティブ」の人々が多くを占めるビジネス世界では、“簡単”で“短く”、且つ“丁寧”な英語が親切でより相手に伝わりやすいものだと考えられています。

簡潔なだけではなく丁寧な表現も求められる

簡潔なだけではなく丁寧な表現も求められる理由は、私たちと同じ「母国語を英語としない人たち」だからです。こうした「非ネイティブ」が多いビジネスの世界では「シンプルで、短く、ていねいな」英語の方がより相手に伝わりやすく、親切だと考えられています。これからビジネス英語を勉強しよう思っている人には「実はビジネス英語はやさしいんだ!」ということを認識しておいてください。

しかし「シンプルで短い」英語はなんとかできそうだけれど「ていねいな英語」には自信がない、という人は多いでしょう。英語には日本語のような丁寧語はないと思われがちですが、実はそうではありません。ただそれは決して複雑なものではなく、決まった言葉を覚えるだけですぐに「ていねいな英語」が使えるようになります。

■まくら言葉で丁寧に

皆さんは「まくら言葉」というものを聞いたことがありますか?ストレートできつい言葉を、まくら言葉をいれることで、ていねいで親切な表現に変えられるマジックのような言葉です。

これは日本語だけでなく、英語にも存在します。この「まくら言葉」をいいたい言葉の前に入れるだけで、はるかに表現がていねいになります。例えばI’m afraid that(恐れ入りますが)、Unfortunately(あいにくですが)などです。

■シーンに応じた型をそのまま当てはめて丁寧に

ビジネス英語と一言でいうと大仰なイメージになりがちですが、ビジネスで必要な英語はいくつかの「よく使うシーン」に分けることができます。プレゼンテーションや電話、メール、会議、交渉。このようなシーンでは、自動的に「頻出フレーズ」があります。

たとえばあなたが会議の進行役(ファシリテーター)をすることになった場合は、Thank you for taking time off from your busy schedules.(お忙しい中お集まりいただきありがとうございます。)を用います。このフレーズは単語はシンプルですが、同時に「場に適した丁寧な表現」でもあります。

したがってシーンに応じた「型」をそのまま覚えて使えば「ていねいな英語」が完成するのです。「暗記したものをそのまま使うなんてオリジナリティがない」と考える方もいますが、実際にネイティブも同じようなフレーズを多用しているため、自信を持って覚えてください。

ビジネス英語の効率的な学習方法

「シンプルで、短く、ていねいな英語」を使えばいいということはわかったけれど、どうすればそういった英語を効率よく学習できるのだろうか?と疑問に思われるかと思います。とくにビジネスマンは忙しく、英会話スクールに通う時間なんてありませんよね。そんな方におすすめの英語学習法を紹介します。

■TOEICを最大限活用する

TOEICのスコアが会社の昇進に必要だという方も中にはいると思います。その場合思い切ってTOEICの教材学習のみに集中しましょう。TOEICは他の英語テストに比べてかなりビジネス傾向のあるテストなので、メールやプレゼン、交渉シーンの問題が頻出します。

問題を解くだけでなく、リスニングの部分を真似して発話したり(シャドーイング)、耳で聞いて書き取ったり(ディクテーション)すると、ぐんと力がつきます。TOEICをやりながらビジネス英語の教材もやるとなると、とても手に負えません。

■アプリを使う

忙しくなかなか座って教材を開く時間がない方は、ビジネス英語のアプリを使ってみてはいかがでしょうか。スマホさえあればいつでもどこででも本格的なビジネス英会話が学習できるのでおすすめです。

とくにおすすめのアプリは「Speak Buddy」。App内課金がありますが、費用対効果は抜群です。ビジネス英会話に焦点をあてたカリキュラムが選べ、AIの声が自然なので本物のネイティブと対話している感覚を味わえます。とにかく発話をさせるようにできているので、短時間でたくさんの英会話練習ができ、1日5分やるだけでも成果実感を得られやすいです。

■オンライン英会話でビジネス英語教材を選ぶ

自分でなかなか学習できない方は1日1レッスン、まずは15分間のオンライン英会話の中でビジネス英語教材を選び勉強していきましょう。ビジネス用英語教材であれば、ビジネス場面で使うテーマがピックアップされているので、明日からすぐ使えるフレーズばかりが並んでいます。また自身の担当講師とロールプレイをして、繰り返し訓練すれば、ひとりでに身についていくはずです。

 

ビジネス英会話と聞くと、英会話のレベルが高くないとできないと思っている方も多い印象です。実際のところは「非ネイティブ」の人たちが自分なりの英語を使って世界中を渡り歩いています。世界で通用する「シンプルで、短く、ていねいな英語」をぜひ効率よくマスターしていってください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

英語学習で日々の積み重ねが重要なのは当然ですが、なかなか効果が出ないとモチベーションが維持できませんよね。効果が実感できずに勉強の途中で挫折してしまった人も多いのではないでしょうか。そこで今
続きを読む
英語の重要性は年々高まり、子どものうちから英会話教室に通わせる人も以前に比べて多くなってきました。せっかく通わせるのなら、やはりネイティブ講師がいる教室がおすすめです。そこで今回は、ネイティ
続きを読む
TOEICは実践的な英語能力を測る試験です。そのため、英語を学び始めたばかりの日本人学習者には難しく、なかなか点数が伸びずに悩んでいる方も多いかと思います。そこで今回は、TOEICのスコアを
続きを読む